×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガラスダイニングテーブル

厚めの強化ガラスを天板に用いたダイニングテーブル。
ガラス特有の透明感があり、涼しげな印象とモダンな雰囲気が魅力的で、昔から安定した人気を誇っています。
スチールやコンクリートなどの素材や、白や黒、グレーといった色とあわせやすいダイニングテーブルです。

キズは木製のダイニングテーブルに比べると付きにくいですが、陶器などの食器を使うとひっかきキズがつくこともありますので、ランチョンマットやテーブルクロスを用いるなど、工夫して使用すると長く愛用できます。

オーダーして制作できるものもあり、天板だけならいろんな形に作ることもできます。
曲面が多かったり、特殊な形である場合は自分で希望の形の型紙を引き、それをインテリアショップを介してガラス施工している会社に依頼し、見積もり・制作してもらうことになります。
ガラスは加工性がよいため、かなり変わった形でも制作が可能な場合も少なくないので、東急ハンズなどのコンサルティングセールスを得意としているショップがおすすめです。

天板に使われる強化ガラスは8ミリ〜15ミリなど、かなり厚めのものが使用されていますが、硬いもので強い衝撃を与えると割れてしましますので、設置する場所 にはできるだけぶつかるものがないようにしておきましょう。